第7回 ”モルック”で健康づくりのお手伝い「すみれ治療院」

気持ちのいいお天気の休日。宝塚市立文化芸術センターの芝生で「モルック」の交流会を主催されていた、すみれ治療院さんを取材させていただきました。

「モルック」とは?

モルックというスポーツは、フィンランド発祥のスポーツです。年齢や性別、体力に依存せず、老若男女が気軽に楽しめます。地面に並べた木のピンに、木の棒を当てて倒すだけですが、屋外で体を使う楽しさ。「どのピンを狙うか」という戦略、狙い通り当てる技術がほどよくバランスされています。

なぜ、モルックを始めようと思われたのですか?

すみれ治療院は、医師の同意書の下、医療保険で受けられる訪問マッサージをしています。訪問マッサージは歩行が困難な方が対象ですが、歩行が困難になる前に、体を動かしたり、地域の方と交流することによって、健康な期間が長くなるようなお手伝いが出来ないかと思ったのが、モルックを始めたきっかけです。

モルックは、年齢や体力差に関わらず、誰でも一緒に楽しめるスポーツで、高齢者の方から子どもまで一緒にできるというところが一番の魅力です。

高齢者や子育て世代や近隣の働いている方等、色々な世代の方が気軽に参加して頂けたら嬉しいです。

芝生でモルック交流会

取材させていただいたのは、11月14日(土曜)の午後、宝塚市立文化芸術センター前の芝生にたくさん並んだ「モルック」。

準備していると、楽しそうな雰囲気が伝わったようで、「なにかはじまるんですか?」と声をかけてこられる方もおられ、開始からすぐにモルックの周りにはたくさんの人が集まり始めていました。フェイスブックなどで告知をされていたので、それを見て楽しそう、と参加される方もおられましたが、偶然通りかかり、面白そうだと飛び込みで参加される方も多くおられました。

休日だったこともあり家族連れが多く、小学生とお父さんが真剣に勝負されていたり、地域の年配の方と小学生がチームになり、モルックを通じて一致団結する姿も見られました。

特に印象的だったのは、たまたま犬の散歩に来られていた年配の方が参加していたことです。

参加していたこどもから、モルック交流会のちらしを周囲にいる方に配りたいとスタッフに提案してくれ、こどもたちがお散歩中の女性に声をかけたところ、「やったことないけど、楽しそうね。それじゃ一回だけさせてもらおうかしら」と快く子どもたちの誘いに応じ、子どもたちと一緒に1ゲーム参加していました。初めて会う人同士がモルックをきっかけに楽しめ、多世代での交流が生まれているのがとても素敵でした。

今回、最年少の参加者は2歳の男の子。小学生のお兄ちゃんたちのやっている姿をみて、自分でも投げたいとチャレンジ。うまく倒れたらみんなに拍手してもらえ、一緒にできたことでとてもうれしそうな笑顔が見られました。

年齢関係なく、この日この場所をみんなで共有し、楽しさを分かち合えるとてもステキなスポーツだなと感じました。

これからモルック交流会を通じてやりたいことは?

・健康な体が維持できるようモルックというスポーツを通じて交流出来る機会を増やしたいと思っています。

年配の方や子ども連れ親子が気軽に体を動かし会話を楽しむ。世代を超えた交流は心と体の健康に繋がると考えています。

治療院として地域の皆様の健康のお手伝いが出来たらと思っています。

モルック交流会に興味ある場合、どうすれば参加できますか?

すみれ治療院まで、電話にてお問い合わせください。次回の開催日程などをご案内します。

名称すみれ治療院
場所〒665-0847
宝塚市すみれガ丘3丁目6-1-1016
お問い合わせ 電話:0797-26-6762
URLホームページ作成中